CATEGORY いわいじゅしい

ギャルエロ漫画 あっ!私そんなつもりじゃありませんっ!

文学少女のNTR物語
「陽介くんごめんなさい…私…」
ド真面目女子校生を監禁。堕ちていくNTR文学少女…。

<文学少女のNTR物語>
読書が趣味で引っ込み思案の女子校生ゆかり。
典型的な真面目タイプの女の子で、クラスでも目立たない存在。
そんなゆかりに、初めての彼氏ができた。
同じ小説を読んでいたことから親密になった同級生の陽介。
ファーストフード店で今読んでいる本の感想を話し合いながら過ごすデートが幸せだった。

そんなある日、幼馴染の友達である双葉からある‘パーティー’に誘われる。
双葉はゆかりとは違い、イケイケのギャル系少女。
ゆかりはあまり気乗りしなかったが、彼女の強い説得に負けて参加してしまう。
タワーマンションの一室で開催される‘パーティー’の実態とは…

<リアルな密室売春・乱交>
あるタワーマンションではお小遣いを欲しがっている女子校生を集めて乱交パーティーが行われていた。
気に入った女の子に数万円をその場で渡し好きにエッチすることができる。
女の子は拒否することを許されず、パーティーが終わるまで部屋から退出することもできないというルールがあった。

知らずに参加してしまった二人の少女。
部屋に入ると、強烈なお酒の臭い、そしてなにか甘ったるい変な臭いも混じった強烈な臭気が充満。
「よーっし!君に決めちゃったぜ!ほら、4万円でいいよな?」

男のろれつの回らない声と同時に大勢の男達に囲まれ口で奉仕している少女や
全裸となって輪●されている少女の姿が目に入ってきた…

<二人の少女に襲いかかる闇>
「わ、私、違うんです!!そ、そういうこと!!す、するつもりじゃ……っ」
「初々しいねえ!なに?ときどきいるけど騙されちゃった子かな?」
それでも性欲と狂気に満ちた男は、ゆかりに容赦することはない。

「いやああ!!やめてええ!!ゆるしてえええ!!あぐ、あああうう!?」
「おやおや?処女膜付きだったんだあ?ごめんねえ~」
「抜いてええ……。カレシが、す、好きなヒトが、い、いるんですう」
男は聞く耳をもたず、欲望と快感に任せてゆかりの秘部を奥底まで打ち付ける。
「痛い!!痛い!!痛いよお!!たすけてええ、陽介くん、た、助けてえええ!!」
ゆかりは、陽介のために守っていた純潔を次々と喪失してしまうのであった。

一方、双葉――。
「い、いやよ!!やだ、な、生なんて……あ、ぐうう!?」
「やだあ!!やだ!!やめてえええ!!それだけはやだああああああッッッ!!?」
ゆかりより経験豊富なはずの双葉ですら、襲いかかるこの惨状を受け入れることはできなかった。

<胎内演出>
エッチシーンでは断面イラストで胎内で起こっている状態をピンポイント表示!
無理矢理ねじ込まれていく臨場感を楽しむことが出来ます!