CATEGORY からあげカンパニー

ギャルエロ漫画 キャバ嬢、田舎へ帰る

東京でキャバ嬢として働く主人公。ある日、田舎の実家に帰ることになったが、田舎の男たちにキャバ嬢=ビッチな目で見られ、容赦なくエッチをされてしまう。

◆ プロローグ

田舎から上京し、キャバ嬢をする主人公。
指名もたくさん取れて、今やカリスマ的存在。
でも絶対にエッチまではもっていかせない。
ここでの生活はちやほやされていた。

そんなある日、実家の母親が倒れたとの知らせをうける。
実家は過疎地でど田舎、コンビニもなく町の商店街が唯一の生命線…。
母親の病気は大したことなかったが、主人公は1週間滞在することとなった。

商店街では人もまばらで主人公は娯楽のなさに退屈していた。
しかたなく隣町まで電車で行こうと駅に向かう。
電車は一両で、向かいに悪ガ○三人が座りこちらを見ていた。

ガ○A「へ〜、あれが東京でぶいぶい言わせてたって女か〜」
ガ○B「へへ、見るからにびっち?だっけか?そうだよな〜」
ガ●●「キャバ嬢らしいぜ、どうせ客とヤりまくってたんだろ」

こそこそ話をしているが、主人公には丸聞こえ。
主人公は少しいたずらしてやろうと少し股を開く

(ほれほれ、よく見ろ、見たいんだろ?どうだ?)

ドキっとする悪ガ○。

「うお、東京のキャバ嬢パンツ!ラッキー!」

悪ガ○はパンツに見入る。

「あははは、田舎モノのガ○はかわいいな、パンツとかであんなに喜んじゃってさ」

ビッチと勘違いされたキャバ嬢の主人公は、田舎での一週間を無事に過ごせるのであろうか…

◆ CG集 196枚

【文字あり】…普通に読んでお楽しみいただけるCG集になります。
【文字なし】…文字がなく、CGだけをみていただけます。

JPG196枚(文字あり:JPG98枚/文字なし:JPG98枚)