CATEGORY スタジオサウスポー

ギャルエロ漫画 おいでよチン媚び奴●部族の島

作品紹介。

「お待ちしておりました、ご主人様…。」

目覚めると、そこには見知らぬ少女達がいた。

どこまでも広がる紺碧の海と白い砂浜、日本では見かけない動植物に、照り付ける太陽。

遭難した僕は、南国の孤島に流れ着いていた。

性を信仰する不思議な部族との共同生活。

慣れない狩猟、サバイバル、都会の生活で忘れていた自然との共存。

部族の少女達との、ひとときの幸福。そしてセックス…。

「もっともっと、膣●に注いでください。」

「ふふ、ご主人様の●液。私の中でどっぴゅん●精しちゃってるよ。」

寝室で、集落で、浜辺で。

南の島で健康的に焼けた肌を保つ部族の少女達との甘い蜜月の宴。

やがて僕は、故郷の想いすら忘却して、彼女達との淫らな生活に溺れていく…。

スタジオサウスポーのお送りする、南国インモラルCG集。

背景協力。安野譲様。みにくる様。他。

ギャルエロ漫画 孕ませNTRレ●プするたび一億円が貰える世界。

『毎日発情中。揉んで大きくしてください。』

そんな卑猥な落書きを身体中に施した女生徒が今日も学園に入っていく。

必須科目に性行為の実演授業が入って数年。今日もこの国の男達は生殖能力でランク付けされ、

富と権力を貪っていた者達は、生殖能力によってランク付けされる社会制度により、

かつて自分達が使い捨てていた者達に完全に形勢を逆転された。

「今まで理事の孫、財閥の娘などと思い上がっていた無能をお許しください。

これからは生涯をかけてご主人様のおち●ぽにご奉仕します。」

そう言って三つ指で土下座をする生徒会長の頭を踏みつけながら、

かつて理事長の座っていた椅子に腰掛け他の女生徒達に勃起した男性器を奉仕させる。

「ご利用ありがとうございます。」

「え、そんな…ご主人様の優性遺伝子を、私のような薄汚いメス穴おま●こに恵んでいただけるのですか?」

今では当たり前になった完全男尊女卑社会。

下半身を昂らせ、女を侍らす歓喜に震える貴方に、また別の女奴●が近づき、恭しく頭を下げて股を開く。

「どうか、貴方のおち●ぽ、おま●こに挿入れてください。
今の人格も地位も全部壊して、貴方だけの専用マゾま●こにして。」