TAG スタジオサウスポー

ギャルエロ漫画 再就職先は、セックス大好きギャル達の通うハーレムビッチ学園でした

作品紹介。

「おじさん一名様はいりまーす。 」

クラスに響く、いかにも遊んでそうなギャルの声。

彼女達の好奇の目に晒されながら、僕ははやされるままにズボンを脱ぐ。

「反り返りえっぐ 」

「めっちゃ太くない? 」

遊び半分で囃し立てていた者。年の離れた異性の登場に、明らかに不機嫌そうな視線を向けていた者。

様々な感情で僕を見つめていた彼女たちがただひとつ、ズボンを脱いで僕に抱いた共通の感情があった。

「ねぇ…おじさん、あーしとイイことしない? 」

「だーめ、おじさんは私とエッチなことするの 」

頬を染め、息を荒くしながら迫ってくる彼女たち。

いつのまにか目はトロンと惚け、瞳を潤ませながら浅く息を吐いている。

そう、僕は選ばれた。この学園のギャル達のチンポ係に。

遺伝子工学とビックデータで身体の相性から正規の相性まで全てがデジタル化されたこの世界。

年齢=童貞だった僕の所に届いたその知らせはまさに天啓。生まれて初めて訪れるモテ期と淫らなハーレム生活への告知だった。

1日何人でも妊娠させられる絶倫チンポ

疲れ知らずの無限ピストン。

交尾するたび、彼女たちを絶頂させるたび、明らかになっていく淫らな僕の身体の秘密。

そして身体を重ねるたび、僕の身体に腰を擦り合わせ、肢体をくねらす眼前のギャル達。

小生意気な余裕は消え失せ、両足にすがりつき、交尾をねだって足先を舐めながら恍惚の表情で足の甲にキスをする。

「ママにしてっ。おじさんのチンポで、あーしをおじさんの子供のママしてぇ。 」

「おじさんの精液おいしい…もっと、もっと飲ませてぇ 」

普段は生意気なギャル達が、二人きりになったとたん、貴方のチンポをせがんで拝んでむせび泣く。

時間を忘れて乳房をしゃぶり、せいきに吸いつき、中だしを懇願するギャル達の内側にぶちまける。

もっと…もっと犯したい、貪りたい、食いつくしたい。

いつしか欲望のタガは外れ、より多くの、より豊満で淫らな雌体を求めていく…。

スタジオサウスポーのお送りする、肉感ハーレムギャルcg集。

ギャルエロ漫画 ドスケベボディバレー部ハーレム性活。

「私…顔は地味ですけど、カラダには自信があるんですよ?」

オ??サポボディメイク。

昨今スポーツ界隈で注目されているボディトレーニング。

選手の競技種目以外の水泳・陸上・ダンスなどを取り入れた生体工学に基づいたボディメイクメニューと、

週に何度かに分けてのコーチとのヘルスサポートにより特に女性選手のテスタロンを分泌させ、試合結果に活かそうという試みである。

あくまで試験段階ではあるが、すでに数多くの選手がこの方法で結果を残しており、

競技世界における正式採用も近いと噂されている。

「コーチ…今日も特別指導、よろしくお願いします。」

部活動も終わり、日も落ちた運動部専用の宿舎。

部屋の中に汗ばんだ女選手のユニフォームが擦れる音が響く。

コーチと呼ばれている貴方にスポーツの指導経験などない、貴方がこの学園の運動部の特別顧問に選抜された理由はただ一つ…ペ??スのサイズである。

多感な時期を全て競技に捧げ、青春の汗を流し美しくも扇状的な肉体を作り上げている女アスリート達。

ワークアートで熱った身体が求めるのは休息だけではない…強く、逞しい雄の肉体だ。

「もっと、もっと乳??吸ってください…っ」

「お願いします…もっと奥まで抉って!」

恍惚と貴方のペニスを見上げ、愛おしそうに口付け奉仕するオンナ達。

競技で最高に研ぎ澄まされた本能と肉欲への熱意は全て、同じく鍛え上げられた、貴方の鋼のような睾??と聳り立つ??棒へと向けられる。

「もうこんなの…こんなの彼氏じゃ満足できない。」

「今日だけで良いんです…私をコーチの女にしてください。」

清廉潔白な昼のイメージから一転、雌の顔と雄を誘う薫香を漂わせ、いやらしくカラダをくねらせ誘惑してくる女達…。

焼けつく昼間の日差しに当てられたのか、彼女達の痴態に、やがてこちらの股間も抑えられない熱を帯びていく…。

スタジオサウスポーのお送りする、セクシュアルワークアウトCG集。

ギャルエロ漫画 改変おじさん

『メス堕ちノート。

このノートに名前を書かれたオンナは雌堕ちする。』

ある日、家の前で見つけた奇妙なノート。

普通だったら悪戯だと思って捨ててしまうノートを使ってしまったのは、

男にはやはり、どんなときでも雌を犯したいという願望があるからだろう。

「やだ、こんなの嫌ぁ!初めては王子様とって決めてたのにぃ!」

「い、嫌っやめて!貴方なんかとセ??クスしたくない!!」

学生の時から憧れていた先輩、道端のOL、キャリアウーマン、横恋慕していた上司の妻。

駅前で五月蝿く騒ぎ、大人の事を舐め切った鼻持ちならないギャル達。

書いても書いてもページが補充され、分厚くなった様子もない不思議なノート。

まるで官能小説家にでもなった気分で、ありとあらゆるシチュエーション、体位とプレイで女性達と関係を持っていく。

気分の高揚なのか、これもノートの効果なのか、

いくら射精しても身体は休息を求めない、もっともっと他の女のカラダを求めていく。

そしていつしか、無理矢理犯●れていたオンナ達も、いつしかアナタのペ??スの虜になっていく。

「私達のだらしのないカラダ…。滅茶苦茶にしてください。」

スタジオサウスポーのお送りする、催●ハーレムCG集。

背景協力 みにくる様。

ギャルエロ漫画 いじめられっ子の俺がDQNの彼女の陸上部員をデカチン交尾で寝取った話

「さっきは私の彼氏がゴメンね…。」

「だから、お詫びに私たちのカラダ…好きに使って。」

校舎裏で繰り広げられる、いじめられっ子の僕と…僕をいじめるイケメン、DQNの彼女達との密かな蜜月…。

きっかけはスマホのニュースで流れてきた、国からの緊急ニュースだった。

『巨根優性思想』。

男の価値は、おち●ちんの大きさで決まるという、偉い人たちの決めた法案…。

その日から、僕の日常は一変した。

陸上部で活躍する幼馴染も、いつも眼鏡をかけている気が強そうな生徒会の副会長も、

いつも厳しく僕を指導していた水泳部の憧れの先輩も、

学園の理事の娘であろうという生徒会長だって…。

僕の目につく雌達は、僕の従順な生オナホへと変貌した。

「おはようございます、ご主人様…。」

「どうか、早くぅん。私のおま●こにおち●ちん突っ込んで…。」

競い合うように、奪い合うように肢体を密着させ、

膨らんだ爆乳をいやらしく押し付け合いながら、雌達は僕の耳元で蠱惑的に囁く。

いじめられっ子。学園のヒラエルキー底辺の僕の生活は。その日から一変した。

圧倒的肉感エロス演出を追求する、スタジオサウスポーのお送りする陸上部員NTRCG集。

■作品内容

基本CG31枚。

■サークル:スタジオサウスポー

イラスト:ぞん太。(c)安野譲様。他。

ギャルエロ漫画 女尊男卑の世界でママになってくれる爆乳ビッチギャル達に玉コキ逆●●プでチン負けマゾ敗北しちゃった話。

「えっ、キミ童貞?」
「やだぁ超可愛いんですけど!」

チ●ポの大きさで男の価値が決まる社会。
そんな世界でたまたま僕に声をかけてきたギャル二人。

僕の包茎ペ●スを見るなり二人は手を叩いて喜ぶと、優しく僕の玉袋に手を這わせる。

「じゃあ、アタシ達がキミの初めて…優しく貰ってるアゲルね。」

繁華街や学園で纏っているパリピ系な雰囲気から一転、
慈愛と母性に満ちた表情で微笑みながら彼女達は僕の両脇に座り、
ペ●スをシゴきながら優しく耳元で囁く。

「ほら、もうこんなに大きくなってきたよ…。」

大きくなる股間の刺激と快楽に息を荒げながら耳たぶを甘噛みされつつ、
耳朶を舌で犯●れながら僕は自分を覗き込む二つの影を恍惚と見上げる。

「じゃあ、ここに挿入れちゃおっか…。」

生まれて初めての膣中の感触と快感。
無我夢中でピストンを繰り返しながら、淫らな花弁のように両足で僕の腰を包み込まれ、
両手で頬を挟まれながら荒い息を絡ませながらキスを繰り返す。

「いいよ、射精して。」

膣中で弾ける快楽と心地よい行為の後の疲労感。
呼吸を整える僕を眺めながら、彼女達は妖艶に微笑む。

「ねえ、私達がママになってあげよっか。」

「理由なんて無いよ。ほら、今から家いこ。シコるとこ見せてよ。」

「また射精た。さっきまで童貞だったのに前立腺好きなの?変態じゃん。」

「あ、ヒクヒクしてる。可愛い。」

「こんなにスゴいチンポ、私達だけで独占しちゃ悪いよね…そうだ。」

僕に跨りながら、閃いたようにスマホを操作する彼女。そして…。

「うん。この童貞クン凄いんだよ。あ、元童貞クンか。」

「そうだよ、今からみんな来るでしょ?」

端末を仕舞いながら、二人のギャルは悪戯を思いついた●●のように微笑む。

「じゃあ今から、私達みーんなで可愛がってあげるね。」

女性上位の狂った世界で織りなされる、チン負け、逆●●プ、マゾイキ、NTR …。

スタジオサウスポーのお送りする、女尊男卑マゾ向けCG集。

背景協力。安野譲様。みにくる様。他。

ギャルエロ漫画 おいでよチン媚び奴●部族の島

作品紹介。

「お待ちしておりました、ご主人様…。」

目覚めると、そこには見知らぬ少女達がいた。

どこまでも広がる紺碧の海と白い砂浜、日本では見かけない動植物に、照り付ける太陽。

遭難した僕は、南国の孤島に流れ着いていた。

性を信仰する不思議な部族との共同生活。

慣れない狩猟、サバイバル、都会の生活で忘れていた自然との共存。

部族の少女達との、ひとときの幸福。そしてセックス…。

「もっともっと、膣●に注いでください。」

「ふふ、ご主人様の●液。私の中でどっぴゅん●精しちゃってるよ。」

寝室で、集落で、浜辺で。

南の島で健康的に焼けた肌を保つ部族の少女達との甘い蜜月の宴。

やがて僕は、故郷の想いすら忘却して、彼女達との淫らな生活に溺れていく…。

スタジオサウスポーのお送りする、南国インモラルCG集。

背景協力。安野譲様。みにくる様。他。

ギャルエロ漫画 孕ませNTRレ●プするたび一億円が貰える世界。

『毎日発情中。揉んで大きくしてください。』

そんな卑猥な落書きを身体中に施した女生徒が今日も学園に入っていく。

必須科目に性行為の実演授業が入って数年。今日もこの国の男達は生殖能力でランク付けされ、

富と権力を貪っていた者達は、生殖能力によってランク付けされる社会制度により、

かつて自分達が使い捨てていた者達に完全に形勢を逆転された。

「今まで理事の孫、財閥の娘などと思い上がっていた無能をお許しください。

これからは生涯をかけてご主人様のおち●ぽにご奉仕します。」

そう言って三つ指で土下座をする生徒会長の頭を踏みつけながら、

かつて理事長の座っていた椅子に腰掛け他の女生徒達に勃起した男性器を奉仕させる。

「ご利用ありがとうございます。」

「え、そんな…ご主人様の優性遺伝子を、私のような薄汚いメス穴おま●こに恵んでいただけるのですか?」

今では当たり前になった完全男尊女卑社会。

下半身を昂らせ、女を侍らす歓喜に震える貴方に、また別の女奴●が近づき、恭しく頭を下げて股を開く。

「どうか、貴方のおち●ぽ、おま●こに挿入れてください。
今の人格も地位も全部壊して、貴方だけの専用マゾま●こにして。」